メニューopen

HOME > スタッフブログ

スタッフブログ

桜ヶ丘病院地域医療連携の会

 去る3月14日(木)、しいのき迎賓館において、昨年に引き続き第2回目の『地域医療連携の会』を開催しました。記録的な大雪に見舞われた昨年に比べると、穏やかな気候の開催となりましたが、年度末のご多忙の時期であるにも関わらず、43施設61名の方々にご参加いただきました。

 

 昨年同様、認知症がテーマですが、今回は趣向を変え、精神科や神経内科などの認知症治療を専門とする科以外の先生にお話ししてもらおうと企画しました。以前「口腔ケアと認知症」という講演を聴き、新しい視点に感動した職員からの提案で、歯科医師から見た認知症という視点でご講演いただくことにしました。

 

  

 

 今回は、公立能登総合病院 歯科口腔外科部長 長谷剛志先生をお迎えし『認知症の人に対する「食支援」の考え方』~食事場面の観察ポイントと注意点~と題し、具体的な症例(画像等含む)を交えて、日常でよく耳にする支援者の先入観や、誤嚥の誤解などについて、ユーモアを交えた軽快な口調でお話しいただきました。

 

 長谷先生の楽しいお話の後、昨年もご好評いただいた「情報交換会」を催しました。

しいのき迎賓館の歴史と現代が共存する素敵な雰囲気の中、美味しい料理を皆で味わいながら、とても活気のある楽しい情報交換の場となったように感じました。

 

 

 ご参加いただいた方々からも「講演がわかりやすかった」「また今後も企画して欲しい」との嬉しいお声をいただきました。地域における医療サービスの充実と真の連携実現のためにも、短時間ではありましたが、ご参加された皆さまが語り合う場の提供ができたのであれば幸いです。今後ともこの会を継続し、皆さんと集い真の仲間になれるきっかけになればと願うばかりです。

 

 今後も、引き続きさまざまなご提言をいただければ幸いですし、昨年7月開催の「症例検討会」なども含め、新たなきっかけづくりを企画いたしますので、今後とも宜しくお願いいたします。

明けましておめでとうございます!!

先日、病院長年頭挨拶を行いました。

 


新年ということもあり、心機一転頑張っていきましょう!!


本年も宜しくお願い致します。

2018年 忘年会!!

 先日、忘年会がありました(^▽^)
 始めに小市理事長よりご挨拶があり ( ̄∇ ̄ノノ”パチパチ!!

 

 続いて、病院長の挨拶(^O^)!

 

 

 引き続き、中川先生の乾杯!!

 

 

 その後、宴会になり、恒例の豪華商品があたるくじ引きが行われましたよ~ヽ(*´∇`)ノ

 

 

 最後に、事務長による恒例の一本締めで忘年会を締めくくりました!!

 

 

 今年も一年皆様、お疲れさまでしたm(__)m

 

 

 

 

歳末お見舞い 2018

 先日、入院中の患者さんのところに、白峰地区社会福祉協議会の職員さんが歳末の見舞品を届けてくれました。

 

 

 

 嬉しそうに、見舞品を受け取られました。

 

 

 これからも元気で長生きして下さいね(*´∀`)

 


※患者さんのプライバシー保護の為、顔にぼかしをいれています。

永年勤続者表彰式

 先日、平成30年度 医療法人社団浅ノ川グループの永年勤続者表彰式、ならびに祝賀会が行われました。

    

 

 表彰式は、小市 理事長からの挨拶に始まり、理事長から表彰状が授与されました。

 

 表彰式の後、祝賀会が行われました。

 

 

 今回は、桜ヶ丘病院の参加者全員で、「明日があるさ」を歌いました。

 

 

 みなさん、おめでとうございました。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜

浅ノ川グループ ボウリング大会 2018

先日、浅ノ川グループ ボウリング大会が行われました。

  

昨年同様、白熱した展開となりました。

 

結果は団体2位、個人戦は男性部門は優勝、女性部門は2位でした(≧◇≦)

 

おめでとうございます(゚∀゚ノノ゙パチパチパチパチ


また来年も楽しみですね(^^♪

2018 桜フェスタ(文化祭)を行いました

 ご家族・地域住民の皆さんに病院のことをもっと知って頂く機会として、今年も桜フェスタを行わせて頂きました。

 今年の桜フェスタも、作業療法の活動で作った手芸作品のバザー、デイケアによる喫茶コーナー、地域住民の方々のちぎり絵コーナー、ゲーム体験コーナーなど手作り感のある暖かな雰囲気にすることができました。

 

 

 

 今年もリハスファーム(就労継続支援B型事業所)さんが桜フェスタに参加頂き、河北潟で育てられた自然栽培ハーブや能登ヒバを使用したはがきやしおりなどの販売を行って下さいました。

 

 

 

 また、デイケア楽器クラブのチェリーズ4による演奏や、ボランティアによるバンド演奏・マンドリン演奏などもあり、例年以上に盛り上がり活気のある桜フェスタとなりました。

 

 

 今年もたくさんのご家族や地域住民の皆さんにご参加いただき、ありがとうございました。ご協力頂きましたボランティア、リハスファーム(就労継続支援B型事業所)の皆さまありがとうございました。そして、たくさんの病院職員の力と“何より患者さんの大きな力”に感謝しております。

 来年もよろしくお願い致しますm(__)m

 

 

観法寺町 秋祭り!!

 今年も観法寺町の秋祭りに参加させて頂きました。
 当院では月に一度、観法寺町の地域住民の皆さんを対象に、『いきいき健康教室』という健康促進を目標とした講習会などをさせて頂いております。そのご縁から、ありがたいことに観法寺町の秋祭りにもご招待頂いております。

 秋祭りでは、当院の作業療法で患者さんが作られた作品をバザーとして、地域の方に販売させて頂いております。また、今年は当院のレクリエーションで使用している、ジャンボジェンガを地域のお子さんと一緒に楽しみました!

 

 

 患者さんに取って、頑張って作った作品を喜んで使って頂けることは、大きな自信の回復につながります。地域の方々のおかげを持ちまして、大変盛況なバザーとなりました。
 また、地域の皆さんに交じり、ビンゴ大会にも当院の患者さんとスタッフも一緒に参加させて頂きました。お子さんもたくさん参加されている、活気のある秋祭りにとても心が癒されました。

第32回 石川県リハビリテーション風船バレーボール大会

 平成29年10月6日(土)、いしかわ総合スポーツセンターにて、
石川県リハビリテーション風船バレーボール大会が開催されました。

 風船バレーは障害や年齢を問わず参加できる素晴らしい競技であり、
参加する患者さん達も毎年楽しみにされています。

 今年も当院から『チームさくらんぼ』と『チームさくら』の2チームが大会に参加しました。

 

 熱戦に次ぐ熱戦が繰り広げられ、今年は『チームさくら』が準優勝という好成績をあげることができました。
 優勝できなかったことは残念でしたが、患者さん達は清々しい表情をされており、『来年は優勝するぞ~‼』と前向きに励まし合っていました。

 今年もたくさんの元気を頂ける貴重な機会となりました。

 

認知症看護認定看護師になりました!!

 この度日本看護協会の認定審査に無事合格し、認知症看護認定看護師として活動することになりました。

 石川県立看護大学付属看護キャリア支援センター認知症看護認定看護師教育課程で約8ヶ月学ばせていただきましたが、認知症ケアにおいて最高水準以外は許さない強い信念を持つという決意のもと、臨床現場に復帰しました。まだまだ未熟な自分を自ら叱咤激励しながら、認知症の方々の思いを聴き真のニーズを達成できるよう日々ケアを実践しています。

 認知症のその人を尊重できているか常に自らに問いかけ、妥協のない最高水準を目指し今後も邁進していきたいと思います。桜ヶ丘病院の認知症ケア全体が向上できるよう、努力していきたいと思います。

 

河合 真智子